ロードバイクとは?

ロードバイク

ロードバイクって何?

驚くほどのスピード感

爽快感、達成感はロードバイク最大の魅力。

スピード感抜群のロードバイク

ロードバイクの軽快性や俊敏性がもたらすスピード感は格別です。まるで誰かに背中を押されているかのような感覚で走っている時の爽快感はなにものにもかえがたい感覚。駆動音、タイヤの音、風を切る音は気持ち良く爽快感溢れ、走り終えた時の達成感は喜びに満ち溢れます!

なにものにも代えがたい達成感!

ロードバイクでどこまでも

ロードバイクでロングライド

クルマで走行して気持ち良かったあの海岸線や高原も、クルマや電車で通いなれた会社までの道のりも、ロードバイクだとまた格別。距離だけを聞くとびっくりすると思いますが、ロードバイクを始めて数か月で週末に100キロ走行している方も意外と多く、ロードバイクの楽しさを実感します。
順位や速さを競うのではなくロングライドを楽しみ、完走を目指すイベントも日本全国で開催されています。いつか完走を目指して出場するために頑張ってみるのも悪くないかもしれませんね。

フレームの美しさも抜群です!

ロードバイクの美しさ

カーボンフレームが主流になった近年、ロードバイクにもより美しさに磨きがかかってきました。流れるようなフレームのラインは、軽さ、剛性、乗り心地などの機能を追い求め、いわば機能美とも表現できます。乗って楽しむのも良し!室内で眺めているのも良し!何となくイメージしただけでワクワクしてきますね。

ロードバイクのポイントをご紹介

軽快感を生み出す細いタイヤ!

ロードバイクのタイヤは軽快

タイヤの幅はイメージの通り、クロスバイクやマウンテンバイクより断然細く、とても華奢で繊細に見えますが、これがものすごい軽快感を生みます。ロードバイクのタイヤの中には耐久性のあるもの、軽量なもの、グリップ性能の高いものなど、唯一路面と接地するパーツとあって自転車の性能を変化させてくれるのも特徴の一つ。どれもロードバイクのタイヤは転がりが良く軽快さを生み出してくれます。
ちなみに細いタイヤで一番気になるのがパンクですが、空気圧を常に一定に保てばパンクのリスクは軽減できます。想像しているより遥かにパンクは起こりにくいモノです。

ドロップハンドルで効率よくライディング!

ロードバイクのドロップハンドル

ロードバイクと言えばこちらのハンドル。「ドロップハンドル」と言います。なんとなくきつい姿勢なイメージもありますが、体格、柔軟性に合わせてセッティングが可能です。ドロップハンドルは、風向き、疲労具合、勾配、ペダリングの回転数や力のかけ具合に応じて、大きく分けて3か所握ることができる優れもの。このドロップハンドルのおかげで、乗車中もこまめに姿勢を変えることができて、痛みが一箇所に集中せず、肩、腰、首、腕などの疲労の蓄積も抑えることができます。変速レバーもブレーキレバーもドロップハンドルのブラケット部分や下ハンドルを持っていても操作できるように、特殊な形状をしています。ハンドルも車体と同じくカーボン製のものがあり、軽量化や振動を和らげてくれます。

ロードバイク選びのチェックポイント

価格帯でみるロードバイクの違い

10万円前後のロードバイク

ロードバイク~15万円の車体の特徴

ロードバイクの価格帯は幅広く、トレックの場合だと9万円から100万円を超えるものまであります。簡単に説明してしまうとフレームの素材やパーツ構成が変わり、車体重量が軽くなり楽に速く走行できるようになってきます。
10万円前後のロードバイクのフレーム素材はアルミが主流です。軽量でありながらも10万円台というリーズナブルな価格を実現しているためとにかくロードバイクを始めてみたい!という方におすすめです。エントリーグレードのパーツがアッセンブルされていますが、将来的にパーツのグレードアップをすれば全く別のバイクに進化します。また、パーツを追加することで様々なシーンでも活躍します。例えば、アルミフレームということでキックスタンドやキャリアー(荷台)を取り付けられたり、車種によっては太めのタイヤを装着することも可能です。街乗りや、通勤、通学、旅行など幅広いシーンで活躍できる車種がそろっています。

15万円~20万円のロードバイク

ロードバイクの選び方|15~20万円のロードバイクの特徴

アルミフレームのなかでも軽量モデル、もしくはカーボンフレームのエントリーグレードがこの価格帯に当てはまります。10万円前後のロードバイクと比較すると、フレームやブレーキや変速等のパーツ類がグレードアップ。フレームは軽量もしくは乗り心地が良くなり、快適性が格段に向上します。パーツ類ではブレーキレバーやシフトレバーの引きが軽くなり、操作感にストレスを感じさせません。手の小さい方でも、女性の方でも安心感のある走りを体感できます。レースやイベント等にももちろん出場可能です。休日のサイクリングはもちろんレース、イベントなど将来的に参加してみたい方におすすめのロードバイクがラインナップされています。

20万円~40万円位のロードバイク

ロードバイクの選び方|20~40万円のロードバイクの特徴

この価格帯になるとカーボンフレームの車体がメインになってきます。アルミフレームと違いカーボンフレームはさらに軽量で乗り心地が良くなるのが特徴です。パーツのグレードによって車体の価格は異なります。カーボンは自由な成型が可能で、フレームのつなぎめなどもなく全体的に凹凸がなく高級感があります。20~40万円の車体はミドルグレードのカーボンを使用し、かたずぎずしなやかな乗り心地のよさが特徴的です。長距離のサイクリングではいかに振動を体に伝えることなく、体に疲労をためないかが大切。体力や柔軟性に自信のない方、もちろんロードバイクが全く初めてという方でも本格的に楽しめるロードバイクがラインナップされています。

40万円以上のロードバイク

ロードバイクの選び方|40万円以上のロードバイクの特徴

とにかく加速力が優れています。ペダルを押し込んだ瞬間自然と加速してくれる感覚。まるで誰かに背中を押してもらっている感覚になります。上り坂でも平地でのスピードアップも容易。とにかくフレームに伝える力にすぐれています。剛性といってフレームのたわみを抑えて前進させる力に変える能力が高いことが大きな理由です。また使用しているカーボン素材もトップグレード。振動吸収はそのままに、さらに軽量なロードバイクになっています。長距離サイクリングはもちろん本格的にレースやイベントを楽しみたいといった方におすすめのロードバイクがラインナップされています。

ロードバイクはフレームが命!

アルミフレームとは?

アルミフレームのロードバイク

アルミはコストを抑えつつも軽量な車体をつくるためにベストな素材です。アルミは軽量で硬く丈夫でです。ロードバイクでも通勤や街乗りに使用するという方にはアルミフレームのロードバイクにキックスタンドをつけたり、キャリア(荷台)をつけて使用したりと、街乗りから旅行まで幅広いシーンで使用できる人気の素材です。
アルミフレームのトップグレードはフレームを軽くするために薄く、太く成形しており現在ではカーボンフレームを超える車体重量の軽さのものもあります。また、コストを抑えるためにシンプルな筒状のフレーム形状をしたものなどグレードによって車体の重さや剛性が変わります。

カーボンフレームとは?

カーボンフレームのロードバイク

カーボンは自転車の素材として振動吸収性が高く、軽いのが特徴です。アルミフレームの自転車と比較すると高価ではありますが、カーボンフレームならではの振動吸収のよさで路面からの振動をを吸収しし、身体への負担を抑えてくれるので体力に自信のない方も安心です。パーツのグレードアップ次第でさらに軽量化をすることが可能で長い距離を走りたい!将来的にヒルクライムなどのイベントに参加してみたい!という方におすすめのフレーム素材です。ただしカーボンフレームは非常に薄く素材の特性上、極端に力がかかると割れる危険性もあるため、フレームに挟み込むスタンドの取付けができないなど、パーツ取り付けに関して注意が必要です。

3種類のコンセプトから自分に合ったロードバイクを選ぶ!

乗り心地を重視するならDomane(ドマーネ)

乗り心地重視のドマーネ

バイクプラスで取り扱うTREK(トレック)のロードバイクは3種類の違ったコンセプトの車体があります。空気抵抗の少ないエアロフレーム設計で高速巡航を得意とするタイプのMadone(マドン)、軽くて登りもスイスイ進むEMONDA(エモンダ) 、フレームのしなりを生かして乗り心地が良いDomane(ドマーネ)シリーズの3種類です。
長い距離をゆっくりのんびり走って楽しみたい!という方にはDOMANE(ドマーネ)がおすすめです。ISO SPEEDテクノロジーというこれまでのロードバイクの常識をくつがえすフレーム設計を用いて、路面が凸凹でも衝撃を緩和し、バイクから体が浮き上がるような突き上げ感をなくしてくれます。高い安定感と乗り心地ゆえに長距離サイクリングや悪路を得意としています。

軽さや疾走感を重視するならEMONDAやMADONE!

レースで培われた技術を凝縮|マドン、ドマーネ

加速力があり、ひと漕ぎで自然とバイクが進んでくれる感覚を楽しみたい方は、EMONDA(エモンダ)やMADONE(マドン)シリーズがおすすめです。
トレックのレースシーンでも活躍してきたシリーズでその実力は周知のもの。TREKが長年かけてつちかってきたテクノロジーが全て盛り込まれています。登りでスイスイ、リズムよく軽く登れる感覚、漕ぎ出しからぐいぐい加速していける感覚は自転車の楽しさを倍増させてくれること間違いなし!。ヒルクライムやイベントにいつかは挑戦してみたいという方はもちろん、TREKバイクならではの乗り心地の良さでロングライドまでオールラウンドにも使用できます。

パーツの性能も肝心です!

ブレーキやギア操作を担うコンポーネント

ロードバイクのコンポーネント

一見同じように見えてしまうパーツでも、そのグレードによって実はギアの段数や操作レバーの形状、パーツ重量などが全く異なります。カタログで眺めているだけではこのあたりの操作感はわかりません。お店に来たらまず、ブレーキレバーを引いてみてください!ブレーキの引きの軽さやシフトレバーの引きの軽さが全く違います。バイクプラスでは試乗が出来るので各グレードのブレーキの制動力、レバーのタッチの軽さ、変速のスムーズさをぜひ確かめてみてください!
トレックのロードバイクのほとんどがシマノコンポーネントでアッセンブルされています。下のグレードからClaris・SORA・TIAGRA・105・ULTEGRA・DURA ACEとなっています。

走りの性能を左右する「ホイール」もチェック

走りを変える!ロードバイクのホイール

ロードバイクのホイールは走りの性能にとても左右します。ホイールが違うだけで?と疑問に思う方もいらっしゃいますが、フレームの次にバイクの性能を左右するパーツなんです!通常TREKのエントリーグレードの完成車ホイールは前後の単体重量が約2000gのものが装着されているのに対して、たとえばTREKの30万円以上のクラスのロードバイクにはボントレガー製のレースホイールが装着されており、重量は約1700gです。たかが300gの違いですがこの変化は漕ぎ出しの軽さ、登りの軽さ、スピードの維持のしやすさに影響を及ぼし、まるで誰かに背中に羽が生えたように軽くスイスイ進む感覚になります。また、見た目の違いとして完成車についているホイールを見比べてみるとスポーク(車軸からのびる棒部分)の本数が違ったりと、高価なもののほうが軽く見た目もスッキリした形にみえてカッコいい!

車体のフレームサイズを決める!

自分の体格、柔軟性に合ったロードバイクをチョイス

ロードバイクのフィッティング

スポーツバイクには必ずサイズがあります。基本的にタイヤの径は同じでフレームのサイズが変化していく形です。ロードバイクは特にサイズが細かくラインナップされており、慎重に選んでいかなければなりません。どんなにいい車種を選んだとしてもフレームのサイズが自分の体格に合っていなければ、その性能を存分に体感することも、乗っていて楽しいと思うこともできません。ロードバイクは距離をできるかぎり稼ぎ、長い時間乗車しているため、特にフレームサイズが重要です。そのためには無理のない姿勢で乗ることができるかポイントなのです。
バイクプラスでは、ロードバイクのご購入時には必ずサイズフィッティングを行っています。同じ身長の方でも股下や腕の長さ、肩幅、柔軟性、姿勢などはさまざまです。ひとり一人に合ったフレームサイズの自転車選びのお手伝いをいたします。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

2017年モデル入荷!2016年モデルSALE在庫限りですお早目に!

【SALE!!】TREK(トレック)1.2 2色

¥129,000→¥103,200(税込)

TREK(トレック)1.2 2016年モデル Trek Black/Fastback Orange

関連リンク

ロードバイク選びはフィッティングが重要です!

ロードバイク選びはフィッティングが重要です!

しっかり自分の体に合わせることで走りも軽やかになり体の痛みなども体の負担も減らせられます。詳しくはこちらのページもご覧ください。

ロングライドに挑戦してみよう!

ロングライドに挑戦してみよう!

最初は無理だと思っていた距離でも乗り慣れるに従いロードバイクだと思っていた以上に遠くまで走れるもの。愛車で遠出してみませんか?

取り扱いロードバイク一覧へ

取り扱いロードバイク一覧へ

バイクプラス三郷店で取り扱っているロードバイクのラインナップをこちらのページでご紹介しています。

  • プロジェクトワンキャンペーン開催!
  • trek 2017年モデル入荷中!!
  • 定番クロスバイクFXシリーズ特集|バイクプラス本体サイトへ
  • 異次元の乗り心地を実現したドマーネカーボンシリーズ特集|バイクプラス本体サイトへ
  • 【TREK 2016年モデル SALE】セール開催中!
  • お客様の声

ページの先頭へ戻る