マウンテンバイクとは?

マウンテンバイク

マウンテンバイクの魅力

えっ!こんなところを?と思ったところでもマウンテンバイクならば走破できる。時には派手に転倒したり、パンクなどのトラブルもありますがそれを含めてマウンテンバイクの魅力。MTBはまさに遊ぶための自転車です。

タフでワイルドな走りを可能にする!

道なき道をを走行できるタフな走破性は爽快

マウンテンバイクでワイルドな走りを

その名前の通り野山を駆け回る遊びのために生まれた自転車です。安定感やグリップ感のあるタイヤ、サスペンション、デスクブレーキが採用され、未舗装路や登山道などの悪路を走行するのに一番最適です。マウンテンバイクの魅力はその「ワイルドな走破性」にあり!テクニカルの道を走破できる感覚は爽快そのもの。山道を走る場合は、安全に走行することを心がけましょう。
車体重量やタイヤの抵抗感により舗装路でのスピード効率こそロードバイクやクロスバイクに劣りますが、段差や凸凹道など身近なところのちょっとした悪路の走行もバッチリ楽しめます。泥だらけになることもありますが、汚れてこそマウンテンバイクの魅力でもあります。

レースやイベントでは汚れてこそ勲章!

トレイルライドで休憩中の泥で汚れた足

山を走るといっても私有地だったり、トレッキングをしている人がいたりどこでも自由に走行できるわけではありません。自由に思う存分マウンテンバイクを楽しむならレースやイベントはもちろん、ゲレンデダウンヒルやトレイルツアーがおすすめ。コースとしてしっかり整備されている環境で楽しめ、またツアーに参加するとガイドの方はMTBのベテラン。ライドテクニックの習得につながり、マウンテンバイクをもっと楽しむことが出来ます。泥だらけになることもありますが、マウンテンバイクは汚れてこそ勲章です!

MTBでトレイルライドを楽しもう!

マウンテンバイクの特徴

マウンテンバイクといってもラインナップは様々です。走り方、走行場所によって選ぶ車種が変わってきます。どんな特徴があるのかご紹介します。

マウンテンバイクに必須なサスペンション!

マウンテンバイクにはサスペンションが必須です

マウンテンバイクといえばこの「サスペンション」。凸凹道では自転車を常に自分のコントロール下に置くために、タイヤを常に路面に接地しておかなければなりません。荒れた路面で車体の浮き上がりを抑えるためにはサスペンションが必須なのです。サスペンションはただ衝撃を吸収させるだけのものではありません。ハンドリングやブレーキ操作にも影響してくる重要なパーツの一つです!
しっかりとした、サスペンションのモデルをチョイスすることも重要ですね。

フロントサスペンションとは?

マウンテンバイクのフロントサスペンション

マウンテンバイクには必ず付いているといっていい前輪を支える部分のフロントサスペンション。ハイスペックモデルとエントリーモデルとの大きな差はこのフロントサスペンションの性能にあります。ハイスペックモデルでは空気の量でサスペンションの沈み込む量を調整できるエアーサスペンションが採用されています。車体重量が軽くなり、体重や走行場所に合わせて沈み込みの量を空気で調整できるのでサスペンションの性能をフルに生かすことが出来ます。また、沈み込みの量だけではなく戻る時のスピードを調整できるリバウンド量も調整可能なモデルもあります。このようにサスペンションのセッティングが細かく可能で登りや細かい段差が続く道、大きな段差がある道など状況に合わせて自由自在。本格的にマウンテンバイクを楽しむのであればより多くの機能が付いたものを選択する必要があります。

フルサスペンションとは?

マウンテンバイク フルサスペンション

マウンテンバイクにはフロントのみにサスペンションが搭載されているハードテイルというタイプと、リアにもサスペンションが搭載されているフルサスペンションモデルの2種類があります。ハードテイルは比較的アップダウンの少ない道であれば、車体の軽さを生かしてスピードに優れますが、トレイルコースの様に下りや段差、岩場が続くような道ではリアホイールが浮き上がり、路面から離れてしまってコントロールできなくなることも。しかし、フルサスペンションタイプはどんな状況でもリアホイールを地面にしっかりととらえてくれるので、バイクの安定性が抜群!フルサスペンションは比較的高額のモデルが多く、フロントサスペンション同様にメンテナンスが必要になりますが、どんな条件下でも走破できてしまうバイクになっています。

29インチか650Bか?ホイールサイズは?

29インチ

TREKマウンテンバイク|29インチホイール

マウンテンバイクのホイールサイズは26インチから現在では29インチや650Bが中心になってきています。特にアメリカ発の29インチマウンテンバイクは今や世界中のレースシーンでも中心となりもはや主流。ビッグホイールには多くのメリットがあります。ホイールが大きくなる事で慣性が働きやすくなるのでスピードが出しやすく、岩や木など段差があっても楽々に乗り越え可能。また、タイヤ自体も太く大きくなるのでグリップ性能も向上し、また乗り心地も良くなります。29インチホイールの一番のメリットはやはりスピード。クロスカントリーレースや街中などでスピードをとにかく重視するならば間違いなく29erがおすすめです。

27.5(650b)インチ

マウンテンバイクのホイールサイズ650Bのメリット

今話題を集めているのが新規格のホイールサイズ650b。多くのレースで勝利を重ね近年トレックをはじめ多くのメーカーで採用されている650B。26インチより一回り大きいサイズで、29erには劣るものの大径化したことにより速さや走破性は向上。そして29erが苦手とする機敏さやハンドリングは650bが上回っています。テクニカルなコースでバイクを操る楽しさをが欲しい方にはおすすめのホイールサイズです。

制動力抜群のディスクブレーキ

TREKマウンテンバイク ディスクブレーキの制動力

山を走るなら必須のディスクブレーキ。レバーの引きが軽く、強力な制動力を生むディスクブレーキなら悪路でも疲労せず、スピードのコントロールができるのです。だから長時間悪路を走っていてもしっかりとハンドルを握ることができ、正確なハンドリングを可能にします。TREKではほとんどのモデルでディスクブレーキが採用されています。ディスクブレーキでもワイヤー引きタイプのメカニカルディスクブレーキと油圧式ディスクブレーキがありますが、本格的にトレイルやダウンヒルなどを楽しむのであれば高い制動力をえられる油圧ディスクブレーキをチョイスしたいところです。

マウンテンバイクのおすすめフィールド情報

富士見パノラマ

富士見パノラマスキー場MTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

毎年GW直前から11月3日の文化の日まで、MTB専用コースがゲレンデ内に登場します。初心者向けから本格ダウンヒルコースまで多彩なコースで楽しめます。

ふじてんリゾート

ふじてんリゾートMTBのページへジャンプ 画像をクリックするとHPにジャンプします。

都心より90分。標高1300メートル、真夏でも涼しく、快適な富士山麓にひろがる、美しいロケーションが魅力でコースもバラエティーに富んだ設定です。

ページの先頭へ戻る

最新ブログ

カフェ“ル・リアン”のブレンドコーヒー

江戸川サイクリング ブログ

2017/02/10

旧江戸川からすぐのカフェ“ル・リアン”

埼玉県側の江戸川サイクリングロードを走っていると、いつのまにやら旧江戸川へ・・・。葛西臨海公園にたどり着く前に腹ごしらえをしようと立ち寄ったカフェが、テラスもあっていい感じでした!!

晴天の冬の関宿城

江戸川サイクリング ブログ

2017/01/20

関東の中心部!?関宿城下のお休処“けやき茶屋”

江戸川と利根川の合流地点にある関宿城。江戸川サイクリングには欠かせない休憩スポットです。そんな関宿城下のお休処“けやき茶屋”でのんびり休憩。メニューがいろいろあって悩んでしまいます・・・。

この肉厚のポテトチップス

2017/01/10

草加越谷など近場の自転車散歩

八潮市菊水堂の工場で出来たてポテチをゲット!!

三郷店からすぐの中川を渡って対岸の八潮市にある”知る人ぞ知る”ポテトチップスの製造工場の菊水堂さんへ行ってきました。

カフェ オニワのエントランス

2016/12/26

江戸川サイクリング ブログ

雰囲気抜群!林の中の一軒家“カフェオニワ”

江戸川と利根川をつなぐ利根運河。その利根運河のすぐ近くに、緑に囲まれた一軒家のカフェを発見!ポタリングがてらにほっこりできます。

喜八堂 休み茶屋のお団子とお茶

2016/11/21

江戸川サイクリング ブログ

花より団子と煎餅とお茶!!

江戸川サイクリングロードから5分。お煎餅も絶品ですが、同じ材料で作られたお団子も絶品です。鉄瓶から入れてもらえるお茶でほっこりと休憩なんていかがでしょう。

2017年モデル入荷!2016年モデルSALE在庫限りですお早目に!

【SALE!!】TREK(トレック)1.2 2色

¥129,000→¥103,200(税込)

TREK(トレック)1.2 2016年モデル Trek Black/Fastback Orange

関連リンク

取り扱いマウンテンバイク一覧へGO!

取り扱いマウンテンバイク一覧へ

バイクプラス三郷店で扱っているマウンテンバイクの一覧へGO!

ページの先頭へ戻る